Introduction

『リチウムイオン電池の性能劣化とインピーダンスを用いた評価技術セミナー』

電動車 (EV, HEV, PHEV など) の急速な普及や再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、リチウムイオン電池の重要性はますます高まっており、リチウムイオン電池の性能評価技術についても注目が集まっています。特に、長期使用に伴って劣化する電池の寿命予測やリユースの可否判定は業界の大きな課題です。

本セミナーでは、長年にわたって世界の電池技術を牽引してこられ、現在もリチウムイオン電池の性能評価に関わる研究を進めておられる小山 昇先生を講師にお招きし、リチウムイオン電池の性能特性やその劣化メカニズムを講義いただきます。また、弊社と共同開発中のリチウムイオン電池の性能診断技術についてもご紹介いたします。

 

開催概要 ※2020年4月1日更新

 

日程・会場

 東京会場・大阪会場ともに開催を中止いたします。

 

 今後、本セミナーに関してお知らせできることがありましたら、HIOKIホームページ等でご案内いたします。なお、優先的にメールでのご連絡を希望される方は、本ページ内のフォームに必要事項をご入力ください(※2020年3月31日までに申込済の場合は入力不要です)。

 

受講料 

 両会場とも無料

 

※当セミナーに関するお問合せは以下へお願いします。
 日置電機株式会社 営業推進課 担当:嶺(ミネ) E-mail:crm@hioki.co.jp

 

特別講師 小山 昇先生のご紹介

 

基礎研究と産業応用の両面から、リチウムイオン電池を通した低炭素化社会の実現に貢献

<プロフィール>
東京農工大大学院教授を定年退職後、エンネット株式会社代表取締役社長。 多くの企業に対してリチウムイオン電池の開発や運用についてのコンサルティングを実施し、また自身でもリチウムイオン電池の性能診断手法の開発を推進中。


<著書(監修・共著)>
『リチウムイオン二次電池の性能評価 -長く安全に使うための基礎知識-』 日刊工業新聞社 (2019年7月発行)
『リチウムイオン二次電池の長期信頼性と性能の確保』 サイエンス&テクノロジー など多数



セミナーコンテンツ(東京会場・大阪会場 共通)

 

【第一部】
基調講演: リチウムイオン電池の基礎と評価方法
エンネット株式会社 代表取締役社長 小山 昇先生


1. リチウムイオン電池 (LIB) の基礎
2. LIB の測定方法
・ 充放電特性と汎用電池特性
・ パルスと各種直流法評価
・ 交流インピーダンス法評価
・ 交流法と直流法の比較
3. リチウムイオン電池の劣化とその評価
・ 電池の性能劣化とそのメカニズム
・ 交流インピーダンスによる電池性能評価
・ 汎用電池の交流インピーダンス特性評価

 

 

【第二部】
講演: 交流インピーダンスを用いた LIB の評価
日置電機株式会社


1. 社会的背景
2. 交流インピーダンスとは
3. 交流インピーダンスと LIB 内部の物理現象
4. 交流インピーダンスを用いた LIB 性能診断
・ SOH 診断の実例
・ 交流インピーダンスから読み取れる情報

 

 

 

 

 

お申込みフォーム

複数名でご参加の場合も1名ずつご入力ください。なお、競合他社の方のお申込みはお断りすることがございます。

 

  HIOKIのプライバシーポリシーはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。
しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、恐れ入りますがこちらまでお問い合わせください。