環境への取り組み

地域や地球環境への影響低減と調和を図るため
全社をあげて環境に配慮した活動をしています

環境活動の概要

電気計測器の開発、生産、および販売・サービスの事業展開にあたり、環境に配慮した製品を提供していくことはもちろん、環境負荷物質の低減を目指した活動を展開しています。
また、地域社会の一員として積極的に環境保全活動を進めることも企業の使命と考え、公益財団法人HIOKI奨学・緑化基金との協力で植樹活動も推進しています。


環境方針

持続可能な社会の実現に貢献

事業を通じて、持続可能な社会の実現に貢献する。


地球温暖化などに代表される環境問題は、世界規模で解決すべき社会課題となっています。事業を通じてその問題解決に貢献することが、社会から必要とされる企業をめざす私たちの重要な責務です。
社員一人ひとりが、事業活動の各プロセスにおいて徹底した環境負荷低減に努め、積極的に環境に配慮した取り組みを行うことは、企業として当然の姿です。
環境問題への取り組みにあたり、一企業、一個人として貢献できることは限られます。
しかし、私たちの社業である計測ソリューションをより広く世界に展開し、顧客価値を創造し続けることにより、その貢献度を無限に高めることができるのです。
私たちは、問題解決のための挑戦・努力を惜しまず、地球規模での持続可能な社会の実現に貢献する企業になります。

2018年1月1日制定

2021年1月1日改定

統合マネジメントシステムによる環境推進体制

環境推進活動を事業活動と一体化させるため、2016 年にISO9001 とISO14001 の認証を統合マネジメントシステムに移行しました。専門知識の必要なエネルギー、廃棄物、化学物質に関しては委員会を設け、全社での活動を推進しています。


長野県地球温暖化対策条例 事業活動温暖化対策計画書制度

HIOKIでは長野県地球温暖化対策条例に基づき、以下のとおり計画の策定と報告を行なっています。

環境に配慮した製品設計

当社は自社製品がお客さまに与える環境影響について考慮し、製品を設計しています。
環境配慮に対する総合評価で不合格となった場合は、再度検討を行い改善しています。

環境配慮製品の実施例

緑化活動

ふるさとの森づくり

1988 年に社員の手によりHIOKIフォレストヒルズへの植樹がはじまり、森がつくられました。翌1989 年からは、毎年新入社員による記念植樹が続けられています。
創業 60 周年の1995 年には、地域の学校や公共施設へ苗木を寄贈し、市民とともに緑化を推進する「ふるさとの森づくり」活動が始まりました。
2005年には植樹対象地域を拡大するため、財団法人 HIOKI奨学・緑化基金を設立(2010年には県内第 1 号の認定で公益財団法人化)。 対象地域を県全域に拡大しました。これまでに、34か所に70,730本の苗木を植樹してきました。この植樹活動に参加した延べ人数は 約9,440人に及びます。

ふるさとの森づくりの特徴は、その土地に昔からあるいろいろな樹種を混ぜながら密に植えるところにあります。小さな苗木は時には我慢し合い、時には競い合いながら共に成長していきます。 人間が手を掛けなくても、木々が自分自身の力で成長し森となる。そんな自然林に近い森を再現するのが「ふるさとの森づくり」です。


海外での植樹活動

HIOKIグループ海外販売会社では、2014年から植樹活動を実施しています。
これまでにタイ、中国、アメリカ、インドネシア、韓国で実施し、グループ社員が現地の方や地元学生ボランティアと一緒に木を植えることで、ともに環境保全への意識を高めています。HIOKIの「ふるさとの森づくり」から始まった植樹活動は海外へも広がっています。
また、乾燥地が拡大するケニアの大地に、浄水・保水機能を持つ森林を再生しようと、横浜国立大学が中心となり展開している「ケニア植生回復プロジェクト」を2007年から支援しています。


緑化活動に対する受賞歴

「ふるさとの森づくり」などの植樹活動が評価され、下記のような賞をいただいています。


1992年
「緑化センター会長賞」受賞(日本緑化センター・通産省)
1995年
「第15回緑の都市賞・緑化奨励賞」受賞(都市緑化基金、読売新聞社)
1998年
緑化優良工場として「関東通産局長賞」受賞(日本緑化センター・通産省)
2003年
藤花賞受賞(上田市商工会議所)
2003年
上田市都市景観賞受賞(上田市)
2004年
信州エコ大賞受賞(長野県環境保全協会)
2005年
第1回社会・環境貢献緑地評価システムで「Excellent Stage2」認証取得(都市緑化基金)
2005年
緑化優良工場として「経済産業大臣賞」受賞(日本緑化センター・経済産業省)
2009年
緑化推進運動功労者としてHIOKI本社工場に内閣総理大臣表彰

この緑化事業は、現在公益財団法人 HIOKI奨学・緑化基金で運営しています。

地域清掃

ごみゼロ作戦

2000年から毎年、「ごみゼロ作戦」として地域清掃活動を実施しています。業務終了後に、全社員が参加して会社周辺(会社を中心に半径2km程のエリア)を清掃し、 きれいで住みやすい街づくりのお手伝いを行っています。
近年は同日に構内清掃や植樹場所の草取りも実施しています。


ページ先頭へ

ページ先頭へ