アプリケーション・用途

急速充電器の開発評価

EV急速充電器の出力電圧、電流、制御信号を同時記録して動作評価試験をおこないます

EV急速充電器の開発にて、充電器の出力電圧、電流と各種信号を同時記録し、タイミングの監視をすることができます。

アナログユニットMR8905は、最大DC1000V(AC700V)まで直接入力できます。全チャネル絶縁されていますので、安心して測定が可能です。

CANユニットMR8904は、CANバスに流れている信号を自由に選択してアナログ信号とロジック信号に変換できます。

長時間波形記録することができます。内部メモリを利用した場合、2μsのサンプリングで1s間(16ch)の測定が可能です。SDメモリカードZ4003(8GB)へのリアルタイム保存の場合、2μsのサンプリングで17min53s間(2ch)の測定が可能、10μsで11min11s(16ch)の測定が可能です。

関連製品一覧

ページ先頭へ

ページ先頭へ