アプリケーション・用途

配線インピーダンスによる電圧降下の測定

電源品質アナライザを使い、大きな負荷の稼働時などに配線インピーダンスが原因で発生する電圧降下を測定します

電圧供給側電圧に対して、負荷側の電圧は、細く長い配線になるほど配線インピーダンスによる電圧降下が大きく、他の機器に影響を与えます。

「電圧ディップ」を検出するには、電源品質アナライザの「ディップ」イベントが有用です。 「ディップ」イベントは、電圧実効値が設定値以下になった場合に検出します。

「ディップ」イベントが発生すると、イベント発生前0.5秒間、発生後29.5秒間の「実効値 電圧変動」と「瞬時波形」を記録します。

関連製品一覧

ページ先頭へ

ページ先頭へ