アプリケーション・用途

電源品質アナライザPW3198を用いたUPSの負荷変動評価試験

UPSの負荷変動箇所を イベントとして保存することができます

■ポイント

UPSの性能試験では、負荷電流を段階的に変化させて、変化時の信号確認が必要となります。 

電源品質アナライザPW3198には、電圧実効値・電流実効値の変化量を段階的変化(センスイ ベント)をとらえる機能があり、UPSの負荷電流の変化のタイミングに合わせて、イベント データを取得することが可能です。 

イベントデータには、200ms間の電圧・電流値波形が含まれており、負荷電流が変動した時の 電圧波形の歪や変動を細かく見ることができます。 

関連製品一覧

ページ先頭へ

ページ先頭へ