各種書類発行

発行可能な校正書類の種類と内容

発行可能な校正書類の種類と内容をご案内いたします。

1. 紙で発行(有料)

日本語と英語での対応が可能です。以下の各リンクからサンプルをご覧いただけます。

・検査成績表(和文/英文

・一般校正証明書(和文/英文

・JCSS校正証明書(和文/英文

・トレーサビリティ体系図・全体(和文/英文

・トレーサビリティ体系図・機種別(和英共通)*

・トレーサビリティ体系図・使用標準器別(和英共通

・トレーサビリティ証明書(特注

* 随時「トレーサビリティ体系図・使用標準器別(和英共通)」に切り替わる予定です。

2. WEBでダウンロード(無料)

一部製品については、校正書類を無料でWEBから発行・ダウンロードしていただけます。
詳細はHIOKIアフターサービスサイト「修理・校正Direct」をご覧ください。

対象書類

・検査成績表(和英共通)

・一般校正証明書(和文/英文)

・トレーサビリティ体系図・使用標準器別(和英共通)

対象製品

校正書類ダウンロード対象品

サービス対象

【新規購入品】
製造番号ラベルの製造番号が「2104」から始まり、かつ認証コード「VC.***」(3桁数字)がある製品です。

【修理・校正品】
2021年5月以降弊社受付品で、製造番号ラベルに認証コード「VC.***」(3桁数字)がある製品です。

校正書類がダウンロードできないもの

  • 1. 特注依頼の校正書類の場合
    (有料で発行いたします。特注内容によっては、標準校正の校正書類のみダウンロードできる場合があります。)
  • 2. JCSS校正のみの依頼で、一般校正を実施していない場合
  • 3. 作業をしないまま返却する場合
  • 4. 製造番号ラベルが無く、照合番号ラベルがついている場合
    例:「HIOKI照合ID No.」「No 21H000」
  • 5. 製造番号ラベルの文字が消えている、剥がれている等、製造番号が確認できない場合
  • 6. 製造番号ラベルに認証コード「VC.***」(3桁数字)が入っていない場合
  • 7. 登録した製造番号と認証コードが一致していない場合

以下の場合は、製品ご購入時または修理校正依頼時に有料の校正書類をご発注ください。

  • 1. 校正日が2か月以内の書類が必要な場合
    (製品ご購入のタイミングによっては、校正日から数か月経過している可能性があります)
  • 2. 校正書類をお急ぎで必要な場合
    (「校正書類オンラインサービス」にて校正書類をダウンロードできるまでに、工場出荷日から最大で2日後の提供になります。)
  • 3. お客様のネットワーク環境によりe-友マイページに登録できない場合
  • 4. 校正書類を紙で必要な場合

詳細はHIOKIアフターサービスサイト「修理・校正Direct」をご覧ください。

修理・校正Direct

その他の発行可能な書類

以下の書類も発行可能です。ご希望のお客様はお問合せください。

照合用標準器校正データ
HIOKI の最上位標準器(外部機関への連鎖)校正資料一式
中間標準器校正データ 
使用標準器と照合用標準器との間の標準器校正データ一式
使用標準器校正データ 
HIOKI 製品の校正に使用した標準器校正データ一式

照合用標準器、中間標準器、使用標準器についてトレーサビリティ体系図を見る

検査成績表の考え方

  • 弊社で発行している検査成績表には、全ての検査項目の中から、主に確度仕様に該当する検査項目・検査ポイントを抜き出し、検査結果を記載しております。 製品仕様を満足するために、弊社では厳格な製品の出荷検査を実施しております。また、校正の際にも同様の検査を実施しております。


  • 検査成績表に記載された内容は、すべての検査項目・検査ポイントのうち代表的なものとなります。 弊社では製品開発時の評価試験などに基づき、 検査成績表の総合判定が「PASS =合格」となることで、製品における確度規定全範囲の確度保証をしております。 なお、検査成績表において、総合判定が「PASS =合格」となった場合でも、検査成績表に記載のない検査項目・検査ポイントにおいて、 製品仕様を満たさない場合には、調整の実施もしくは修理が必要である旨をご案内いたします。



ページ先頭へ

ページ先頭へ