FAQ(よくある質問)

【一般】インバータの二次側測定

質問

インバータの電流・電圧を測定したいのですが、どのようなタイプの計測器を使用すればいいでしょうか?

回答

インバータの一次側と二次側のどちらで測定するか、また、電流を測定するか電圧を測定するかによってお勧めする計測器が異なります。
一般的にインバータの一次側の電流・電圧は、歪んだ波形も正確に測定できる「真の実効値(True RMS)」形の計測器を使用します。同様に、インバータの二次側の電流測定でも「真の実効値」形の計測器で測定します。
一方、インバータの二次側の電圧測定をする場合は「平均値整流」形の計測器を使用します。
「平均値整流」形の測定値を使うと基本波成分に近い値が取得できるためです。
インバータの一次側の電流・電圧/二次側の電流は「真の実効値」形、二次側の電圧は「平均値整流」形のテスタで測定することをお勧めいたします。

※設備の保守、点検等での測定であればインバータの1次側での測定でよろしいかと思います。

最近ではインバータとモータの能力を最大限に引き出すために、過変調PWM制御など複雑なPWM制御が使われるようになってきており、 その場合には平均値整流形の測定値と基本波成分が一致しなくなってきています。今後インバータのニ次側の正確な測定には高調波解析による基本波成分の取得が重要になります。
パワーアナライザPW6001PW3390であれば正確な基本波成分の測定ができます。


下記ユーザーズガイドも参考にしていただければと思います。

サイクル制御/位相制御/インバーターの電圧・電流・電力測定


【参考FAQ】

インバータの表示値と差がある 

クランプ電力計でインバータの二次側の測定はできますか

インバータの2次側電流を正しく測定できるクランプ電流計は?

【関連製品】

PW8001PW6001PW3390
PQ3198PQ3100PW3360PW3365
クランプメータDMMなど


【作成】2020年10月

インバータ波形(1次側)

ページ先頭へ

ページ先頭へ