FAQ(よくある質問)

測定器の確度について

質問

カタログの仕様にある確度の計算方法を教えてください。

回答

測定器の確度・許容差は「f.s.」や「rdg.」、「dgt.」などで規定されています。
・「f.s.」:フルスケール 最大表示(目盛)値または、目盛長を表します。
・「rdg.」:リーディング 現在測定中の値、すなわち測定器が表示している値を表します。(読み値)
・「dgt.」:デジット デジタル測定器における最少表示単位すなわち、デジタル測定器の最少桁の“1”を表します。(最少桁の1カウント)

確度の上下限値は、各々の確度計算値を加算して求めます。
<計算例>
確度仕様:±1.0%rdg.±3dgt.
測定レンジ:300.0V
測定値:100.0V

測定値(表示値)が100.0Vですから
(1) rdg.誤差:100.0Vの1.0%=±1.0V
(2) dgt.誤差:最少分解能が0.1Vの為 3dgt.=±0.3V
(3) トータル誤差(1)+(2) : ±1.3V =1.3%

トータル誤差(3)から100.0Vを測定した時の確度の下限値、上限値は98.7~101.3Vになります。

確度計算例

ページ先頭へ

ページ先頭へ