FAQ(よくある質問)

アナログテスタの内部抵抗について教えてください。

質問

ハイテスタ3030-10や電工テスタ3008の仕様に「内部抵抗 20kΩ/V」と記載があります。テスタの内部抵抗による影響を教えてください。

回答

電圧測定において、テスタの内部抵抗の大小が測定値に影響する場合があります。
内部抵抗は無限大であることが理想的ですが、テスタは必ずある値の内部抵抗を
持っています。
一般的にDMMは10MΩ以上(測定レンジにより異なる場合あり)と内部抵抗は大きく、
アナログテスタ(3030-10, 3008)は直流電圧計の内部抵抗は20kΩ/Vです。
(3030-10の0.3Vレンジは16.7kΩ/V)

回路電圧を測定する場合、テスタの内部抵抗が実際の測定回路に並列に接続される
ことになります。その影響度は測定回路の抵抗とテスタの内部抵抗との比で決まり、
テスタの内部抵抗が大きいほど影響が少なくてすみます。

従って、トランジスタのベース回路など高抵抗回路の電圧を、内部抵抗の低い
テスタで測定すると、実際の電圧より低めにでますのでご注意ください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ