FAQ(よくある質問)

電流プローブ、電流センサの違いについて

質問

ホームページを見ると、電流プローブ・電流センサとしていくつかラインナップがあります。シリーズによって仕様の内容が変わりますが、なぜでしょうか?

回答

 電流測定用のクランプセンサシリーズは、大きく分けて2種類があります。
 クランプオンプローブ3273-50~3276のタイプと、もう1種類がクランプオンセンサ9272-10
 およびユニバーサルクランプオンCT9277~9279、AC/DCカレントセンサCT6862,
 CT6863,CT6865,9709,CT6841,CT6843などです。
 
 クランプオンプローブの主な目的はオシロスコープなどによる「波形観測」です。
 周波数帯域は数MHz~100MHz(-3dB)と広く、立ち上がり時間の仕様もあります。
 また、振幅確度の規定はDCおよび45~66Hzのみで位相確度は規定がありません。
 一方、ユニバーサルクランプオンCTやAC/DCカレントセンサ、9272-10は
 「レベル観測」用途に主に用いられます。
 電力測定器の電流センサとして、また直流電流の長期記録用などに使用されます。
 どの電流センサも周波数帯ごとに振幅確度・位相確度が規定されています。
 測定目的によって、適切な電流プローブ・電流センサをご選択ください。
  

ページ先頭へ

ページ先頭へ