FAQ(よくある質問)

テスタの測定可能範囲を教えてください カードテスタ

質問

カードハイテスタ3244-60の直流電圧は419.9m/4.199/41.99/419.9/500Vの5レンジと仕様に記載されていますが、下限は何Vから測定できますか?

回答

ホームページやカタログのDMMやクランプ電流計などの仕様欄では、
測定レンジをご紹介しています。
例えば3244-60の419.9mVレンジでは0.0~419.9mVまで測定でき、
最少分解能は0.1mVです。
しかし、0.1mVの測定ができる、というわけではありません。
 
仕様上規定のあるものを除き、基本的には測定下限値は規定されていません。
ただ、測定下限値を判断するには、測定器の確度計算が重要です。
 
例としまして、3244-60の419.9mVレンジの確度は±2.0%rdg. ±4dgt.と
規定されています。(rdg.=読み値・表示値、dgt.=分解能)
 
仮に測定値が「100.0mV」の場合、
rdg.誤差は100.0mV×2.0%ですから±2.0mV、
dgt.誤差は4dgt.=±0.4mV、
合計で±2.4mVになります。
100.0mVの測定値に対する誤差限界値は、97.6mV~102.4mVになります。
 
同様に、測定値が「5.0mV」の場合、
rdg.誤差は5.0mV×2.0%ですから±0.1mV、
dgt.誤差は4dgt.=±0.4mV、
合計で±0.5mVになります。
5.0mVの測定値に対する誤差限界値は、4.5mV~5.5mVになります。
 
「100.0mV」表示の際の誤差限界値は表示値の±2.4%ですが、
「5.0mV」表示の際の誤差限界値は表示値の±10%になります。
 
測定器の測定下限値は表示値と確度計算による誤差限界値からご判断ください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ