FAQ(よくある質問)

リップルの乗った直流を測定するには?

質問

リップルの乗った直流を測定するのですが、どのファンクションを使用すればよいでしょうか。

回答

コンバータの出力など、リップルの乗った(直流に交流が重畳した)
波形を測定する場合は、DC+ACファンクションのある測定器を用います。
DC+ACファンクションでは、直流と交流の合成した実効値になります。
なお、同じ波形をDCファンクションで測定した場合には直流成分のみ、
ACファンクションでは交流成分のみの実効値になります。

HIOKIのDMMやクランプ電流計でDC+ACファンクションがあるのは、
以下の機種でございます。

デジタルマルチメータ DT4281
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=61
デジタルマルチメータ DT4282
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=636

クランプオンAC/DCハイテスタ 3284
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=802
クランプオンAC/DCハイテスタ 3285, 3285-20
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=903

クランプメータ CM4371
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=1530
クランプメータ CM4373
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=1531

ページ先頭へ

ページ先頭へ