FAQ(よくある質問)

過負荷保護 安全テスタ

質問

設備点検の際、安全性重視のテスタを使用するように言われています。ヒューズを使用しているテスタ、クランプメータはありますか。

回答

最近の現場用製品ではガラス管ヒューズではなく、保護素子(ポリススイッチ、PTCサーミスタなど)により、過負荷保護を行っています。


安全性重視の場合はデジタルマルチメータDT4255をお勧めいたします。保護回路に加え、電流制限抵抗と速断型ヒューズ(遮断容量AC50kA)で短絡事故を防止します。

クランプ型のテスタではヒューズ入りの製品はありません。

テスター | デジタルマルチメータ DT4255 | 製品情報 - Hioki


【修正】2022年11月

ページ先頭へ

ページ先頭へ