モーター巻線の

メンテナンス

インパルス試験はモーター巻線のメンテナンスや
傾向管理にも活用できます。

計測イメージ

良品がなくても絶縁不良/劣化の確認ができます

一般的に正常な3相モーターであれば、各相(U,V,W)のバランスが取れています。
そのため、U-V,V-W,W-Uの各相間にインパルス電圧を印加することで得られる応答波形はほぼ同じになります。

1つの相間から得られた応答波形を良品と仮定し、他の相間から得られる応答波形と比較することで絶縁故障/劣化の判断ができます。

正常な3相モーター
各相(U,V,W)のバランスが取れている

使用機器

インパルス巻線試験機 ST4030A

インパルス巻線試験機ST4030A

・高精度に波形を検出: 200MHz, 12bit

・応答波形を数値化
(株式会社トーエネック様特許使用)

製品ページへ カタログ
放電検出機能 ST9000

放電検出機能ST9000

・ノイズに埋もれた放電を検出(オプション)

製品ページへ

スペシャルWEBセミナー
申込受付中

モーターの研究・開発・生産に関わるお客様を対象とした

「R&D向け」「生産向け」の2種のWebセミナーを企画いたしました。
どうぞふるってご参加ください。

R&D向け:2020年9月29日(火)15:00~16:00
インバータ・モーターの電力解析の基礎から最新ノウハウまでのご紹介

生産向け:2020年10月7日(水)15:00~16:00
モーターの静的検査に用いられる計測器と検査手法のご紹介

セミナーで詳しく知る

スペシャルサイトで紹介した
アプリケーションを

一冊にまとめたカタログを
ダウンロードいただけます

カタログPDFダウンロードの
お申し込みはこちら

© 2020 HIOKI E.E. CORPORATION