動的なモーター
特性測定

モーター始動から停止までのインバータの出力電圧・電流、トルク、回転数を記録します。
波形演算を使い、インバータ出力電力、モーターパワー、モーター効率が算出できます。

計測イメージ

波形演算でインバータ出力電力・モーターパワー・モーター効率を算出

高速波形演算を使用して、測定後にモーターパワー、モーター効率、インバータ出力電力を求め、X-Y表示機能を使用して表示します。
ユニットからの入力信号だけでなく、波形演算結果に対してもX-Y表示できるため、幅広い解析を行うことができます。
また、モーターの始動から停止までの変動波形に対し、任意の場所を選びながらX-Y表示できるため、指定箇所でのX-Y解析を実施できます。

使用機器

メモリーハイコーダ MR6000/MR6000-01

メモリハイコーダMR6000/MR6000-01

4ch アナログユニット U8978

4chアナログユニットU8978

製品ページへ
3ch 電流ユニット U8977

3ch電流ユニットU8977

製品ページへ
周波数ユニット 8970

周波数ユニット8970

製品ページへ
ストレインユニット U8969

ストレインユニットU8969

製品ページへ
差動プローブ 9322

差動プローブ9322

製品ページへ
電流センサ CT6843-05

電流センサCT6843-05

製品ページへ
接続コード L9197

接続コードL9197

トルクセンサ *(ひずみゲージ式変換器)

* センサについてはセンサメーカ様にお問い合わせください。

アプリケーション

メモリハイコーダで動的なモータ特性測定

スペシャルWEBセミナー
申込受付中

モーターの研究・開発・生産に関わるお客様を対象とした

「R&D向け」「生産向け」の2種のWebセミナーを企画いたしました。
どうぞふるってご参加ください。

R&D向け:2020年9月29日(火)15:00~16:00
インバータ・モーターの電力解析の基礎から最新ノウハウまでのご紹介

生産向け:2020年10月7日(水)15:00~16:00
モーターの静的検査に用いられる計測器と検査手法のご紹介

セミナーで詳しく知る

スペシャルサイトで紹介した
アプリケーションを

一冊にまとめたカタログを
ダウンロードいただけます

カタログPDFダウンロードの
お申し込みはこちら

© 2020 HIOKI E.E. CORPORATION