耐圧試験における
部分放電の観測

耐圧試験時の電流と電圧の波形を観測することで部分放電を捕捉できます。 部分放電の発生は絶縁破壊につながる可能性があります。
部分放電を確認することで、コイルの潜在不良を把握する事ができます。

計測イメージ

耐圧計を印加源にした部分放電の観測

中性点が未接続状態のステーターを使い、耐圧計の+側をU相へ、−側をV相に接続し高電圧を印加します。 絶縁が良好な状態と、U相とV相コイルを触れさせた状態の部分放電開始電圧の変化を比較します。
良品のAC1.0kV 印加時の電流・電圧波形
良品のAC1.5kV 印加時の電流・電圧波形
擬似不良品のAC1.0kV 印加時の電流・電圧波形

使用機器

自動絶縁耐圧試験器 3153

自動絶縁耐圧試験器3153

・試験電圧:AC60HZ,
1000Vから100V刻みで上昇

製品ページへ カタログ
メモリハイコーダ MR6000

メモリハイコーダMR6000

・サンプリングスピード:200MS/s

・ストレージ時間:2.5秒

・カップリング方式:ACカップリング

製品ページへ カタログ
電流プローブ CT6711

電流プローブCT6711

・使用レンジ:0.5A
出力レート:10V/A
周波数帯域:DC〜120MHz

製品ページへ カタログ

アプリケーション

モーター・ステーターの部分放電試験

スペシャルWEBセミナー
申込受付中

モーターの研究・開発・生産に関わるお客様を対象とした

「R&D向け」「生産向け」の2種のWebセミナーを企画いたしました。
どうぞふるってご参加ください。

R&D向け:2020年9月29日(火)15:00~16:00
インバータ・モーターの電力解析の基礎から最新ノウハウまでのご紹介

生産向け:2020年10月7日(水)15:00~16:00
モーターの静的検査に用いられる計測器と検査手法のご紹介

セミナーで詳しく知る

スペシャルサイトで紹介した
アプリケーションを

一冊にまとめたカタログを
ダウンロードいただけます

カタログPDFダウンロードの
お申し込みはこちら

© 2020 HIOKI E.E. CORPORATION