車両の燃費(電費)
性能評価試験

国際基準WLTPに対応した燃費計測では、各バッテリーの充放電の電流積算と電力積算が求められます。
高確度クランプ電流センサーとパワーアナライザ PW3390の優れたDC確度、50msインターバルの電流積算と電力積算は、燃費性能評価に大変有効です。

計測イメージ

極性別電流・電力積算機能

500kS/sのサンプリングごとに充電電力と放電電力を極性別に積算し、正方向電力量、負方向電力量、正負方向電力量和を測定します。
バッテリへの充放電が急激に繰り返される場合においても、正確な充電量と放電量が測定できます。

車両測定に最適な電流センサ

クランプタイプの高確度センサは、ラインを切らずに簡単に結線できます。
使用温度範囲は-40℃~ 85℃。優れた温度特性を持ち、車両のエンジンルーム内でも高確度測定が可能です。

使用機器

パワーアナライザ PW3390

パワーアナライザPW3390

・電力基本確度 ±0.04%rdg. ±0.05%f.s.

製品ページへ カタログ
カレントセンサ CT6840 シリーズ

カレントセンサ CT6840シリーズ

・AC/DC 20A,DC~1MHz (CT6841-05)

・AC/DC 200A,DC~500kHz (CT6843-05)

・AC/DC 500A,DC~200kHz (CT6844-05)

・AC/DC 500A,DC~100kHz (CT6845-05)

・AC/DC 1000A,DC~20kHz (CT6846-05)

製品ページへ カタログ

技術資料

高効率モータドライブの効率評価における位相補正の有用性

スペシャルWEBセミナー
申込受付中

モーターの研究・開発・生産に関わるお客様を対象とした

「R&D向け」「生産向け」の2種のWebセミナーを企画いたしました。
どうぞふるってご参加ください。

R&D向け:2020年9月29日(火)15:00~16:00
インバータ・モーターの電力解析の基礎から最新ノウハウまでのご紹介

生産向け:2020年10月7日(水)15:00~16:00
モーターの静的検査に用いられる計測器と検査手法のご紹介

セミナーで詳しく知る

スペシャルサイトで紹介した
アプリケーションを

一冊にまとめたカタログを
ダウンロードいただけます

カタログPDFダウンロードの
お申し込みはこちら

© 2020 HIOKI E.E. CORPORATION