PMSM モーター
パラメータ同定

実稼働状態で測定したモーターパラメータを
設計上流に用いることで、より正確なモーター制御が実現できます。
PMSMとは:
永久磁石同期電動機(Permanent Magnet Synchronous Motorの略)三相交流モーターの一種で、エネルギー損失が少なく消費電力の大幅な削減が可能なモーターとして近年注目を集めています。

計測イメージ

* トルクセンサ、ロータリエンコーダは別途ご用意ください。

高度なモーター制御の実現に貢献します

高度なモーター制御を実現するためには、従来は定数として扱われていたd軸/q軸インダクタンスLd、Lqを、電流依存性を持つ変数であることまで考慮し制御することが重要です。
PW6001は、モーター動作状態における電圧・電流のd軸/q軸ベクトル解析が可能です。 更にこれらを利用し、Ld、Lqをリアルタイムに演算し表示できるため、モーターパラメータの電流飽和特性を測定することが可能です。

使用機器

パワーアナライザ PW6001

パワーアナライザPW6001

・ベクトル制御の解析に必要な電気角測定機能を搭載

・d軸とq軸を基準とした電圧・電流ベクトル表示が可能

・モーターパラメータの測定に有効なユーザ定義演算機能を搭載

製品ページへ カタログ
AC/DC カレントセンサ CT6875,CT6876

AC/DC カレントセンサCT6875,CT6876

・AC/DC 500A,DC~2MHz (CT6875)

・AC/DC 1000A,DC~1.5MHz (CT6876)

・基本確度 ±0.048%

製品ページへ カタログ

技術資料

パワーアナライザによるPMSMのモーターパラメータの同定

パワーアナライザPW6001によるPMSMのパラメータ同定方法

スペシャルWEBセミナー
申込受付中

モーターの研究・開発・生産に関わるお客様を対象とした

「R&D向け」「生産向け」の2種のWebセミナーを企画いたしました。
どうぞふるってご参加ください。

R&D向け:2020年9月29日(火)15:00~16:00
インバータ・モーターの電力解析の基礎から最新ノウハウまでのご紹介

生産向け:2020年10月7日(水)15:00~16:00
モーターの静的検査に用いられる計測器と検査手法のご紹介

セミナーで詳しく知る

スペシャルサイトで紹介した
アプリケーションを

一冊にまとめたカタログを
ダウンロードいただけます

カタログPDFダウンロードの
お申し込みはこちら

© 2020 HIOKI E.E. CORPORATION