重要なお知らせ

AC自動絶縁耐圧試験器3174 バージョンアップ実施のお願い

3174

このたび、AC自動絶縁耐圧試験器3174におきまして、電圧出力に関する
不適合があることがわかりました。対象品のソフトウェアをバージョンアップ
させていただきたく、下記のとおりご連絡いたします。
たいへんご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
本不適合に対するご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【不適合内容】
 絶縁抵抗試験において、試験中に「Err3」または「ErrH」が表示された場合、
 試験は終了しますが、試験電圧は出力されたままになります。
    「Err3」:DANGERランプの故障
    「ErrH」:本体内部のオーバーヒート発生
 ※耐圧試験では「Err3」および「ErrH」発生時にも不具合は発生しません。

 弊社内で検証したところ、DANGERランプが故障する「Err3」の可能性や、
 本体内部(耐圧試験用の発生部)がオーバーヒートする「ErrH」が発生する
 可能性は極めて低いことを確認しております。
 2008年5月の製品発売以来、「Err3」、「ErrH」に関する修理のご依頼は
 一度もございません。
             
【対象品】
 AC自動絶縁耐圧試験器 3174
 対象ソフトウェアバージョン:V1.00~V1.06 または V2.00~V2.01
              (発売以降すべてのバージョン)
【対応】
 無償にてソフトウェアのバージョンアップを実施いたしますので、最寄りの支店
 もしくはお買い上げの販売店に点検をご依頼いただくか、直接弊社まで着払いにて
 発送していただきますよう、お願いいたします。
 詳細は「AC自動絶縁耐圧試験器3174 バージョンアップ実施のお願い」をご覧ください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ