サービスメニュー

サービス内容

HIOKI で実施している校正・調整・修理についてご案内いたします。



JCSS校正について

※ JCSS 校正 の詳細についてはこちらをご覧下さい。


校正・調整・修理における以下項目の詳細については各ページをご参照下さい


校正とは

校正は計測器の状態を確認することです。計測器の健康診断のようなものです。 具体的には標準器が示す理想的な値とお持ちの計測器が示す値を比較する事でその時の計測器の状態を確認します。


調整とは

計測器の値を理想的な値に近づくように修正します。HIOKI では校正と併せて調整の実施を推奨しています。
調整を行う事で理想的な値に近い計測器をご使用いただけます。※調整を実施した製品には調整後確度保証を付帯します。


JCSS 校正と一般校正の主な違い

JCSS 校正はISO/IEC17025 に基づき、第三者に認定を受けた校正です。一般校正はISO9001 に基づきHIOKI で定めた校正です。JCSS 校正ではJCSS のシンボルがついた校正証明書を発行でき、国際MRA に対応している為、国際的にも有効です。

※ JCSS 校正 の詳細についてはこちらをご覧下さい。


1.校正ポイントの違い

一般校正
製品設計者が決定した測定器の性能を維持する為に、確認すべき全項目の校正を実施
JCSS校正
JCSS 校正範囲として登録されているポイントより、お客様が選択して校正を実施

2.校正書類への記載内容の違い

一般校正
・校正結果:検査成績表へ記載
・不確かさ:記載なし
・トレーサビリティ体系図:あり
JCSS校正
・校正結果:校正証明書へ記載
・不確かさ:校正証明書へ記載
・トレーサビリティ体系図:なし

※ JCSS 等のロゴがトレーサビリティの証


ページ先頭へ

ページ先頭へ