JCSS校正

JCSS 校正(ISO/IEC17025 校正)

HIOKI は国際MRA 対応 JCSS 認定事業者です。国際的に通用する校正証明書として国際MRA 対応JCSS シンボルを表示したJCSS 校正証明書を発行することができます。


JCSSシンボル

このシンボルは、計量法に基づく校正事業登録制度の標章です。JCSS登録事業者はISO/IEC17025を基準として登録されています。日置電機株式会社は国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0156は当社の認定番号です。
JCSS校正範囲は 「JCSS認定証」でご確認いただけます。

※和文には日本国内の計量法に基づく登録証も付加されています。


JCSS校正対応製品は「対応製品一覧」でご確認いただけます。 掲載製品以外はお問い合わせください。


校正証明書

和文サンプル
英文サンプル

JCSS 校正と国際MRA

JCSS は計量法関連法規及びISO/IEC17025 の要求事項に基づいて校正を実施する技術能力を校正事業者が持っていることを審査し、登録する制度です。登録事業者はJCSS 校正において「JCSS」のシンボルが付いた校正証明書を発行できます。「JCSS」シンボル付きの校正証明書は、校正事業者の技術能力やトレーサビリティが確保されている証になります。JCSS 校正事業者の中でも、国際MRA 対応認定事業者であれば「ILAC-MRA」「IA Japan」のシンボルが付いた校正証明書が発行できます。この証明書は、国際的に通用する公式文書として使用することができます。

国際MRAとは

MRA とは多国間における相互承認のことです。IA JAPAN はILAC、APLAC といった枠組みに加盟しています。IA JAPANがMRA 対応と認定した校正事業者が発行する校正証明書は、この枠組みに加盟する国の間で、各機関が認定する校正証明書と同等に扱われます。


各用語の説明

ISO/IEC17025
試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項です。HIOKI はISO/IEC17025 を満たしているJCSS 校正機関として認定されています。
APLAC
(アプラック)
アジア太平洋試験所認定協力機構。太平洋地区のISO/IEC17025 認定機関が加盟しています。JCSS を含むため、JCSS 校正証明書はAPLAC 加盟国でも有効です。
ILAC
(アイラック)
国際試験所・校正機関認定協力機構。欧州地区のISO/IEC17025 認定機関が加盟しています。
MRA
(エムアールエー)
相互承認取決。APLAC とILAC はMRA により互いに認め合っています。したがってJCSS 校正証明書は、ILAC 加盟国でも有効です。
NVLAP
(ナブラップ)
アメリカのISO/IEC17025 校正のひとつです。
A2LA
(エーツーエルエー)
アメリカのISO/IEC17025 校正のひとつです。
IATF 16949
(ISO/TS16949)
自動車(または二輪車)メーカーが、製品を構成する製品の供給者に対して要求しているマネジメントシステム規格です。
ISO/IEC17025 の校正を要求しています。
不確かさ
校正値に対するばらつきの推定値です。不確かさの要因の例として、測定値のばらつき、標準器の経年変化、周囲温度の影響があり、 これらを総合した値をJCSS校正証明書へ記載しています。

どのようなときにJCSS校正が必要か

ISO/IEC 17025 校正、ILAC 校正、MRA 校正、IATF 16949 校正、不確かさ付の校正などが求められているときは、JCSS 校正を行うことで解決できます。


具体例

JCSS 校正と一般校正の主な違い

JCSS 校正はISO/IEC17025 に基づき、第三者に認定を受けた校正です。一般校正はISO9001 に基づきHIOKI で定めた校正です。JCSS 校正ではJCSS のシンボルがついた校正証明書を発行でき、国際MRA に対応している為、国際的にも有効です。

1.校正ポイントの違い

一般校正
製品設計者が決定した測定器の性能を維持する為に、確認すべき全項目の校正を実施
JCSS校正
JCSS 校正範囲として登録されているポイントより、お客様が選択して校正を実施

2.校正書類への記載内容の違い

一般校正
・校正結果:検査成績表へ記載
・不確かさ:記載なし
・トレーサビリティ体系図:あり
JCSS校正
・校正結果:校正証明書へ記載
・不確かさ:校正証明書へ記載
・トレーサビリティ体系図:なし

※ JCSS 等のロゴがトレーサビリティの証

FAQ

JCSS校正の有効期限はありますか?

決められた有効期限はありません。JCSS 校正および一般校正の有効期限は、HIOKI で決めることはできません。機器の所有者で決定する必要があります。 校正は、校正日の値を校正結果として表明するだけです。有効期限は、機器の所有者が責任を持つ仕組みです。 これと逆の例で照度計等の検定があり、有効期限は法律で決められています。有効期限は国のお墨付きとして運用できる仕組みです。

調整してからJCSS校正していますが、調整は必須ですか?

調整付(一般)校正は推奨であり必須ではありません。定期的に調整することで測定値のずれを修正できますから、調整をおすすめしています。 なお一般校正同様に、お客様が依頼以前の値を知りたい場合もありますから、必要に応じて調整前のJCSS 校正も依頼してください。


ページ先頭へ

ページ先頭へ