電源品質アナライザPQ3100を発売。再生可能エネルギーの普及を踏まえ、直流の電源品質監視に対応

電源品質アナライザPQ3100を発売。再生可能エネルギーの普及を踏まえ、直流の電源品質監視に対応


PQ3100

 HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:町田正信)はこのたび、電源品質アナライザPQ3100を発売いたします。
 現在、電源障害による電子機器の誤動作や故障といった障害に対して、その原因を探るため電源品質の監視と解析が行われています。その際に用いられるのが電源品質アナライザです。今回新たに発売するPQ3100は、再生可能エネルギーの普及を踏まえ、直流の計測にも対応しています。さらに結線と設定を簡単・確実に行なえる「QUICK SET」機能を搭載するなどし、お客さまの測定ニーズに対応しています。

■電源品質測定の必要性
 パワーエレクトロニクス機器の増加や多様化により、電源の障害が原因とされる、電子機器の誤動作や故障といった障害が増加しています。こうした障害に有効な対策を行うためには、障害の原因を詳細に知る必要があります。しかし、調査項目が多岐にわたり、高度な専門知識が要求されるため、非常に時間のかかる作業となります。電源品質アナライザを使用することで、障害の原因を正確かつ効率的に見つけ出すことができます。
 近年、こうした状況に加えて、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及が進んでいます。また、スマートグリッドの整備に向けた取り組みも進められており、複雑化する送電システムに対して、より厳しく監視する必要性が高まっています。さらに、中国やインド、東南アジア各国などの新興国では、経済発展にインフラの整備が追いついていないため、電源環境の改善が十分に進んでいません。そのため、日常的に電源トラブルが多発しています。
 こうした状況から電源品質監視の必要性は増大しています。

■PQ3100の特長
1.AC/DCの電力測定および電源品質監視が可能に
 普及が進む太陽光発電などの再生可能エネルギーには、直流(DC)計測が求められています。PQ3100では、AC/DCオートゼロカレントセンサを使用すれば、交流(AC)はもとよりDC電流を長期間正確に測定ができます。
2.測定手順を誘導する「QUICK SET」機能で、結線と設定が簡単かつ確実に
 PQ3100には、測定手順を分かりやすく誘導する「QUICK SET」機能が搭載されています。この機能を利用することで、測定ミスの多い結線と設定も確実に行なえます。
3.異常なイベントの発生前後11秒の波形を記録し、より正確な原因解析に貢献
 電源が瞬間的に途切れる停電や、電圧が異常に上昇する「スウェル」などが発生すると、最長で異常発生前1秒間と発生後10秒間の波形を記録できます。従来製品(PW3198)では1秒間の波形を記録していましたので、より長期間の波形から原因解析ができるようになりました。
4.充実したPCアプリで、お客さまの解析作業をサポート
 お客さまがパソコン上で測定データを解析したり、レポート作成したりする現状を踏まえ、PQ3100には新たな専用アプリ「PQ-ONE」が標準付属されています。「PQ-ONE」には、従来アプリの機能に加えて統計機能が新たに追加されました。この統計機能は、日別、時間別にイベント数を表示するものです。これにより特定の時間帯や曜日に発生する異常を発見しやすくなります。
5.豊富な電流センサを用意し、お客さまの多様なニーズに対応
 PQ3100には、用途に応じて10種類の電流センサ(ACカレントセンサ、ACフレキシブルカレントセンサ、AC/DCオートゼロカレントセンサ、ACリークカレントセンサ)をご用意しています。これにより、お客さまの多様な測定ニーズに対応できます。
 ACフレキシブルカレントセンサ(CT7044、CT7045、CT7046)およびAC/DCオートゼロカレントセンサ(CT7731、CT7736、CT7742)については、PQ3100本体からの電源供給が可能になりました。センサ電源用のACアダプタ/乾電池が不要となり、周辺の配線が簡便になり、長期間の測定が可能になりました。
6.CATⅢ1000Vに対応、使用温度範囲は-20~50℃
 PQ3100の安全規格はCATⅢ1000VおよびCATⅣ600Vに対応しています(従来製品PW3198はCATⅣ600Vのみ対応)。
 また、使用温度範囲はPW3198が0~50℃であるのに対して、PQ3100は-20~50℃と改善し、低温環境の下でも測定できるようにしました。

■価格
 PQ3100: \280,000(税抜)

■年間目標販売台数
 1,000台



ニュースリリースに関するお問い合わせ
 ホームページ掲載のニュースリリースに関するお問い合わせは、下記までご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。
    
  【資料請求、購入および製品に関して】
   本社コールセンター
   TEL:0268-28-0560
   FAX:0268-28-0569
   MAIL:info@hioki.co.jp
    
  【ニュースリリース、広報に関して】
   総務部広報課
   TEL:0268-28-0555(代表)
   FAX:0268-28-0559
    
 記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに価格、仕様、そのほか本リリースに記載の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

製品・サポートに関するお問い合わせ

コールセンター

0120-72-0560受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

0268-28-0560


修理・校正及びご注文後に関するお問い合わせ

受注センター

0268-28-1688


会社情報・IR情報に関するお問い合わせ

本社代表

0268-28-0555



Webから相談・見積もりをする

  • お問い合わせ
  • お見積り