宇宙子どもワークショップにご参加いただき、ありがとうございました。

宇宙子どもワークショップにご参加いただき、ありがとうございました。


ワークショップ参加者

日本水ロケットコンテスト

JAXAの麻生大氏による講演

卵落としチャレンジ

2日目夜の交流会

公益財団法人日本宇宙少年団(YAC、理事長:松本零士氏)が主催し当社と上田地域広域連合が共催する「宇宙子どもワークショップ2017」が、HIOKIフォレストヒルズで9月16日(土)、17日(日)にかけて開催されました。


このワークショップには全国のYACの分団に所属する団員やHIOKIフォレストヒルズ近隣の方々を含め、延べ563名の来場がありました。当日は台風18号が接近するなかで各イベントの実施が危ぶまれましたが、台風の影響は小さく、ワークショップは大きな混乱もなく終えることができました。


二日間にわたって行なわれた日本水ロケットコンテストでは、北は北海道、南は鹿児島から参加していただきました。発射会場となった当社グラウンドでは、小さな子どもたちが自作したペットボトルロケットに空気を詰め、一斉に発射していました。目標地点近くに着地すると、子どもたちは大きな歓声を上げていました。


このほか、屋内では宇宙航空研究開発機構(JAXA)HTV技術センターの麻生大氏により、『宇宙ステーション補給機「こうのとり」。そして、月、火星への補給へ』と題した基調講演が行なわれました。宇宙ステーションから火星への探査まで壮大なスケールの話に、子どもたちは真剣に聞き入っていました。子どもたちからは「火星に海があったらしょっぱいの?」などの質問が寄せられ、麻生氏は丁寧に回答していました。


このほか、卵落としチャレンジやGPSオリエンテーリングなどのワークショップが行われ、多くの子どもたちが楽しそうに学んでいました。


今後もHIOKIは、「社会への貢献」という企業理念に立脚した取り組みを続けてまいります。このたびの宇宙子どもワークショップにご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


日本水ロケットコンテストの結果は、YACのホームページをご覧ください。


お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

製品・サポートに関するお問い合わせ

コールセンター

0120-72-0560受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

0268-28-0560


修理・校正及びご注文後に関するお問い合わせ

受注センター

0268-28-1688


会社情報・IR情報に関するお問い合わせ

本社代表

0268-28-0555



Webから相談・見積もりをする

  • お問い合わせ
  • お見積り