アプリケーション・用途

航空機メインフレームの電気的・機械的状態を検査(ボンディング検査)

抵抗計 RM3548 でビス留めの接触状態や溶接部分の状態を微小抵抗値で検査します

航空機はメインフレーム、ボディー、機内の金属部分など、静電気や落雷の影響を最小限にするためグランドプレーンにすることが求められており、機体全体の接続部分の状態を抵抗値で検査します。

抵抗計 RM3548 は首掛けタイプの持ち運びに便利な形状かつ 0.1 μΩの分解能で測定することができますので、 微小抵抗を精度よく測定することができます。

測定値が安定していることを自動で判断しホールド、記録する機能(オートホールド、オートメモリ機能)がありますので作業効率がアップします。 

関連製品一覧

ページ先頭へ

ページ先頭へ