アプリケーション・用途

ハイブリッド車(HEV)用電気二重層キャパシタの電圧特性

概要

HEV用電気二重層キャパシタ単セルの電気的性能各種試験において、端子間電圧の時間特性を測定記録します


■ポイント

「要領・内部抵抗・最大出力密度の試験」時及び「充放電効率試験」時のキャパシタ端子間電圧を連続的かつ時系列的に測定できます。「電圧保持特性の試験」時の数日間にわたるキャパシタ端子間電圧の連続的かつ時系列的測定も可能です。


■規格その他

1GBの専用CFカードにリアルタイム保存をした場合、10chを100ms記録間隔で約32日間記録可能となります。 貫通型高精度電流センサCT6862-05(50A)とセンサユニットCT9555を組み合わせて測定すると、試験時の放電電流値も一緒に測定できます。

詳細につきましては、JIS D1401「ハイブリッド電気自動車用電気二重層キャパシタの電気的性能の試験方法」規格にてご確認ください。

関連製品一覧

ページ先頭へ

ページ先頭へ