製品情報

走行状態における電車内の磁界測定&記録

磁界測定器とGPS付きメモリハイコーダで時系列での磁界測定が可能になります

■ポイント

・車の高出力化に伴い、電車内(客室空間)での磁界強度が増加しています。
・モータの負荷(電流)によって、磁界の強度が変化します。
・停車状態での瞬時値の測定だけでなく、走行状態での時系列での磁界測定が可能です。

■使用方法
・磁界測定器FT3470-51のモニタ出力を、メモリハイコーダMR8875で記録します。
・MR8875は、GPSユニットZ5005を接続することで、位置情報(緯度・経度・標高・速度)も同時に 記録出来ます。
・発車時の加速状態や、勾配のきつい坂道走行など、時系列で磁界の変化の記録が可能です。
 


関連製品一覧



お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

製品・サポートに関するお問い合わせ

カスタマーサポート

0120-72-0560受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

0268-28-0560


修理・校正及びご注文後に関するお問い合わせ

受注センター

0268-28-1688


会社情報・IR情報に関するお問い合わせ

本社代表

0268-28-0555


最寄りの営業拠点に相談する

首都圏支店 サポートルーム
そのほかの拠点情報

Webから相談・見積もりをする

  • お問い合わせ
  • お見積り

アプリケーション・用途
産業分野別
業務分野別
製品カテゴリ別